FC2ブログ

【記事】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不規則な生活や睡眠不足で薄くなる女性の髪

女性の薄毛の原因は様々ですが、不規則な生活習慣(睡眠不足・栄養不足等)でも薄毛を進行させるといわれています。

特に睡眠不足が頭髪に対する影響では大きいようです。

睡眠不足が肌によくないのは周知の事実ですが、頭髪は肌と同じケラチンというタンパク質で成立っており、肌のみならず頭髪の成長にも睡眠不足は影響しています。

睡眠と髪の成長にはどのような関係があるのでしょうか?

睡眠中に成長ホルモンが分泌され髪は成長しますが、不規則な睡眠時間や浅い睡眠等、質が低い睡眠の場合、成長ホルモンが分泌されにくくなります。

成長ホルモンは10代の成長期には分泌量も多いですが、20歳前後を頂点に年々低下し、育毛しにくくなるため、年齢が嵩む毎に睡眠の質は大変重要となります。

髪の成長を促すには、効果的で質の高い睡眠をとることです。

それは成長ホルモンの分泌しやすい時間帯の、夜10時から深夜2時に睡眠をとることです。

また頭皮は全身の皮膚の中で最も汚れ易い部分です。

大抵の女性は、ムースやクリーム等ヘアケア剤の塗布で頭髪が汚れがちなので、毎晩のシャンプーで頭皮を清潔にしておくことも重要です。

汚れたままの頭皮には皮脂が多く、たとえ成長ホルモンの分泌量の多い時間に就寝していても、皮脂が毛穴を塞ぎ髪の成長を妨げてしまうので、夜に洗髪し一日の汚れを落とし、22時位までに就寝し成長ホルモンの分泌を高め、薄毛の改善に努めて下さい。

#医療用ウィッグ #医療用部分ウィッグ #部分ウィッグ #オールウィッグ #ファッションウィッグ

スポンサーサイト

遺伝的要因で薄くなる女性の髪

女性特有の薄毛を「びまん性脱毛症」といいます。

これは頭部全体に薄毛が広がっている状態で抜毛が増え髪が細くなり、頭髪がボリュームダウンし、分け目から地肌が透けてきます。

男性の薄毛の原因は男性ホルモンによるといわれていますが、女性の薄毛の原因は様々な要因があるといわれています。

女性の薄毛には女性ホルモンや加齢やストレス等の原因が挙げられますが、その中に遺伝もあるといわれています。

ただ、前述のように遺伝は複合要因の1つですので、ご家族に薄毛の方がいるからといって「遺伝だから治療しても治らない」と諦めてしまわないで下さい。

遺伝は女性ホルモンや男性ホルモンの量であったり、脂っこい食物好き、喫煙等の生活習慣を受け継いでいることがあるため、発毛や育毛に良くない生活習慣の見直しで薄毛の改善が可能です。

昔に比べ女性の薄毛が増えているのは、現代人の抱えている強いストレスにも関係ありといわれているため、発毛するまではウィッグ(かつら)の着用等でストレスのない生活を心がけて下さい。

ライツフォルでは病気の治療中の方等に着けて頂く医療用ウィッグ(かつら)から、若い女性に人気のロングウィッグ等簡単にイメージチェンジできる様々なタイプのウィッグ(かつら)をご用意していますので、お気軽にお問合わせ下さい。

#医療用ウィッグ #医療用部分ウィッグ #部分ウィッグ #オールウィッグ #ファッションウィッグ

出産後のホルモンバランスに起因する脱毛が急増!

女性は出産後にホルモンのバランスが崩れてしまいます。

まず胎盤の排出で妊娠中に増加していたエストロゲンとプロゲステロンが低下します。

更に赤ちゃんが母乳を吸う事で下垂体前葉から母乳分泌ホルモンであるプロラクチンが分泌されるようになります。

また、プロラクチンにより下垂体後葉からオキシトシンというホルモンが分泌されます。

このように産後はホルモン分泌の状態が平常時と異なるため、頭痛・不眠・食欲低下・情緒不安定等の症状が出てきます。

産後脱毛とホルモンの関係

産後は身体と心のバランスと共に、抜け毛や薄毛が増え驚く場合もありますが、これも産後特有のホルモンによる影響です。

髪は一定のヘアサイクル(成長期→退行期→休止期)により成長し抜け落ちて、新しく生えてきますが、妊娠中は女性ホルモンの増減によりヘアサイクルが乱れがちになります。

8ヶ月以降の妊娠後期になるとエストロゲンの分泌量が増えます。

これは毛髪の寿命を伸ばして維持する働きがあり、この時期は本来なら休止期で抜ける毛も抜けなくなるため、脱け毛の量が減少したように感じます。

しかし、産後暫く経つとホルモンのバランスが元に戻ってしまいます。

これにより分泌量の増加していた女性ホルモンが正常となるため、毛髪が一斉に休止期に入ってしまい全身の体毛が抜けやすくなり、毛髪も薄くなります。

これが産後脱毛の理由の1つです。

また、産後はホルモンバランスを崩しやすく、卵巣機能の低下で抜毛が増える場合もあります。

産後の薄毛ケア

出産後は心も不安定になるので、普段よりも薄毛が気になるのではないでしょうか。

医療用ウィッグと医療用かつらの販売専門メーカー・ライツフォルでは、産後脱毛のお悩みを解消する部分ウィッグ(かつら)を取扱っていますので、お気軽にご相談下さい。

#医療用ウィッグ #医療用部分ウィッグ #部分ウィッグ #オールウィッグ #ファッションウィッグ

女性の無理なダイエットで細くなる髪

栄養と髪の関係

過度なダイエットをすると、髪が細くなる場合があります。

食事で摂取した栄養は、まず生命維持にとって必要な部分に使われるため、髪をつくる頭皮は後回しになってしまいます。

頭皮に栄養が運ばれなくなると、毛髪を作っている毛母細胞は栄養失調になり、健康な髪が生えてこなくなります。

また、頭皮の皮脂腺から皮脂が出にくくなってしまい、その結果皮脂が乾燥し、ヘアサイクルも乱れるため、脱毛が増え発毛しにくくなります。

食事で摂ろう!髪の栄養

【タンパク質】
髪の元となる栄養素はタンパク質です。

太く健康な髪をつくるには極端なダイエットは避け、まずは日々の食事で栄養を摂るよう心がけて下さい。

動物性(肉・魚・卵・乳製品等)と植物性(大豆・納豆・豆腐)の両方のタンパク質をバランスよく摂りましょう。

【亜鉛(あえん)】
亜鉛不足は髪の主成分であるケラチンの合成がうまくいかなくなり、弱く抜けやすい髪になってしまいます。

亜鉛は、牛もも肉・豚レバー・ウナギ・イワシ・カキ等の貝類や納豆・アーモンド・海草類に多く含まれています。

【ビタミンB郡】
ビタミンB1、B2、B3、B5、B6、B12、葉酸等のB郡は細胞の代謝を高め、毛髪をつくる毛母細胞の細胞分裂を活性化させます。

これらのビタミン群は、レバー・卵・カツオ・大豆・緑黄色野菜・バナナ・キャベツ等に含まれています。

その他、身体の酸化を防止するビタミンA・C・Eは毛髪だけでなく、身体の老化抑制のはたらきもあるため、美容・健康・アンチエイジング等の効果も期待できます。

ぜひこれらが多く含まれている食品やサプリメントで摂って下さい。

#医療用ウィッグ #医療用部分ウィッグ #部分ウィッグ #オールウィッグ #ファッションウィッグ

汗が薄毛を進行?

体温調整の働きがある汗は頭皮からも出るのですが、汗を放置すると薄毛の進行を増長させてしまいます。

他の皮膚と比べ汗腺や皮脂腺の数が多い頭皮は汗や皮脂で汚れやすく、また他の部分に比べ皮膚の保湿&バリ機能が低くなっているため、皮膚障害も起こりやすい傾向があります。

毛穴ではなく汗孔(かんこう)という場所から出ている頭皮の汗は、毛穴に溜まることで皮脂と共に毛穴を塞いで皮脂や老廃物の排出がうまく機能しなくなり、その結果ヘアサイクルを乱し発毛を妨げます。

また、毛穴から出る皮脂と汗が混ざることで雑菌が繁殖し、頭皮の炎症も引起こし脱毛を増加させてしまいます。

頭皮の汗が気になるならシャンプーで頭皮の汚れを落とし、髪の毛が育ちやすく抜けにくいようにケアしましょう。

1.ブラッシング:シャンプー前にブラッシングすることでシャンプーの洗浄効果を高めます
2.お湯洗い:38度前後の熱過ぎぬお湯で髪の毛を素洗いします

3.シャンプー:シャンプーを手に取り掌で泡立てた後、両手の指の腹で頭皮を揉み込むマッサージのように丁寧に洗って下さい
4.すすぎ:シャンプーが頭皮に残らぬよう、しっかりと時間をかけすすいで下さい
※この時も頭皮をマッサージするようにすると脱毛防止になります

継続的な頭皮ケアで発毛効果が期待できますが、現在薄毛でお悩みの方はライツフォルにご相談下さい。

医療用ウィッグの販売を行っているライツフォルでは、ストレスや加齢等で薄くなった髪の毛を部分ウィッグ(かつら)により自然なボリュームアップに致します。

#医療用ウィッグ #医療用部分ウィッグ #部分ウィッグ #オールウィッグ #ファッションウィッグ

ウィッグ2台の無料試着だから別々に試して比較できる!【お客様の感想】

医療用ウィッグを買う前に、実際に着けて感触や様々な点を比較・確認できるのが良いですね。

私は、スタイルやグレードが異なるものをそれぞれ試着しました。

1番高価なグレードの髪質と、やや高価なグレードの髪質を比べたり、私の顔の骨格に合うヘアスタイルはどちらだろうとか、見比べながら購入の検討ができたので、ウィッグを買う際に思い違いがなく買うことができました。

[岩手県花巻市 女性48歳]

女性の薄毛の原因2 ~紫外線によって脅かされる女性の髪~


数十年前まではあえて日焼けをする女性も多かったのですが、最近では紫外線が美肌の大敵なのが周知されているため、UVケアに余念がない女性が多いとのこと。

そんな皮膚に悪影響を与える紫外線ですが、頭皮に対してはどうなのでしょうか。

紫外線と薄毛の因果関係

紫外線は肌のハリや弾力、潤いの元のコラーゲン等に悪影響を与え、肌老化の原因となりますが、皮膚である頭皮も紫外線は大敵です。

紫外線を過剰に浴びることで以下のサイクルとなり、健康な頭髪の育毛を妨害し脱毛が増加、結果薄毛となります。

1.長時間紫外線を浴びる

2.頭皮が乾燥し角質がめくれる

3.頭皮の保護で皮脂が過剰に分泌される

4.余分な皮脂が頭皮こびりつき毛穴を塞ぐ

5.毛穴がつまり抜毛になる。

紫外線は最終的に毛穴を塞ぐのですが、毛穴が塞ぐことで発毛サイクルを乱し発毛しにくくなり、薄毛の原因となります。

さらにキューティクルも傷つけ、髪1本1本が細くなってしまいます。

紫外線による頭皮の乾燥でつっぱってしまい、頭蓋骨に頭皮が張りついてしまいます。

張りつくことで頭皮が伸び切ってしまい、毛穴を塞いでしまいます。

毛穴が塞がるため、髪の発毛が阻害されます。

紫外線の遮断で若々しい髪に!

肌と同様に頭皮もUVケアにより、脱毛を減らし薄毛のケアになります。

なるべく紫外線を遮断し、日傘をさす、通気性の良い帽子を被る、日陰や木陰を歩く等をして下さい。

医療用かつらの販売メーカー・ライツフォルでは、通気性に優れた多種多様なかつらやウィッグ等を製造していますので、お気軽にご用命下さい。

女性の薄毛の原因1 ~男性化による薄毛の進行~

一昔前に”おやじギャル”という言葉が世間を賑わせました。

”おやじ化”した行動の若い女性を”おやじギャル”と言ってたようですが、最近では見た目が男性化している女性が増えているのだとか。

見た目が男性化している女性は体毛が濃くなる等の特徴があり、薄毛で悩む女性が増えています。

女性の薄毛の原因は様々ですが、女性ホルモンや男性ホルモンと深く関係しているようです。

ホルモンが薄毛に対しどのような影響を与えているかを説明します。

加齢による女性ホルモンの減少

頭髪と女性ホルモンは深い関係があり、女性ホルモンが減ると髪1本1本が細くなりボリュームもコシもなくなり髪の毛の立上がりも弱くなってしまいます。

女性ホルモンは一般的に20歳前後がピークで、その後は分泌量が年々減少、30代後半からは、ピーク時の半分以下まで減少します。

ホルモンバランスの崩れ

女性にも男性ホルモンが一定量あり、身体における女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れることで、頭のてっぺんや額の薄毛化や、ヒゲ・スネ毛等の体毛が濃くなること、肌のキメが荒れること、野太い声やガラガラ声への変質、皮脂が増える等の男性化現象が起こります。

ホルモンバランスの崩れは加齢・更年期・ストレス等に起因します。

薄毛対策

女性は髪型が思うようにならぬと一日中憂鬱の方も多く、薄毛でいること自体がストレスになります。

ストレスもホルモンバランスを崩すので、まずはウィッグ等で薄毛をカバー0し、ストレスを解消しましょう。

ライツフォルでは抗がん剤で治療中の方や脱毛・薄毛の方の医療用オールウィッグや部分ウィッグを販売していますので、お気軽にご相談下さい。

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

Reizvoll Staff

ご自宅で医療用ウィッグを
無料でご試着いただけます

品質に自信があるから、無料宅配試着で納得度93%!!

抗がん剤治療等の脱毛でお悩みの方々に、高品質、低価格な「かつら(ウィッグ)」をご用意いたしました。
是非お試しください。
フリーダイヤル:0120-68-3690
HPアドレス:
http://www.reizvoll-medical.jp/

Extra

更新カレンダー

本社新宿サロン&通販部門
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

Reizvoll Staff Blog

ライツフォルスタッフが、ブログを見て頂いているお客様に お得情報をお届けいたします。

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。