FC2ブログ

【記事】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【内臓疾患と女性の薄毛】

女性の薄毛は、体の機能不全や機能低下が原因で起こる場合もあります。


薄毛の原因となりそうな内臓疾患

内蔵疾患:・糖尿病などホルモン異常を引き起こすもの・肝臓病・重度の貧血・腎不全・拒食症・高脂血症・膠原病

内臓疾患が髪に与えるであろう影響?

病気によって全身が衰弱し、内臓の機能が低下してしまうと、タンパク質、ビタミンなどが内臓の機能維持や回復にすべて利用されてしまうため、髪の毛にわたるはずであったタンパク質、ビタミンなどの栄養素が不足し髪の毛が栄養不足になってしまいます。

栄養不足となってしまった髪は、髪そのものが弱くなってしまい、その結果、薄毛が引き起こされます。

内臓の機能低下を引き起こす危険なダイエット

極端な食事制限でのダイエットは、栄養不足になる事により、人間の体は生命に係わる臓器の機能回復を優先してしまうため、髪の毛に十分な栄養素がわたりずらくなり髪の新陳代謝が低下し、薄毛や抜け毛が増えてしまいます。

薄毛によってストレスを感じることは、内臓のさまざまな機能をつかさどる自律神経にも影響をきたすことがあります。

ライツフォルでは、薄毛の治療を行っている間でもストレスを感じることなく着けていただける医療用のウィッグをご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

#医療用ウィッグ #医療用部分ウィッグ #部分ウィッグ #オールウィッグ #ファッションウィッグ

スポンサーサイト

卵巣機能の低下による女性の薄毛

婦人科系疾患とホルモンバランス

女性の薄毛・抜け毛の原因は、女性ホルモンの減少、男性ホルモンの強い影響等があります。

女性は、女性特有の卵巣や子宮の病気が薄毛の原因と考えています。

病気まで至らなくても、様々なことから引き起こされたホルモン分泌の減少や卵巣機能の低下が、薄毛・抜け毛の原因になってしまうことがあります。

卵巣機能の低下とは?

過激なダイエットやストレス、喫煙等の、ホルモンバランスを乱す悪条件が重なっている20~30代の女性がかなり多くいます。

これらにより卵巣機能が低下すると、

  • 不正出血、生理不順
  • 発汗、ほてり、のぼせ
  • イライラ、動悸
  • 頭痛、めまい、耳鳴り
  • 肩こり、疲れ

といった更年期障害と似た症状が起こる場合があります。

これを卵巣機能低下症、または若年性更年期障害といいます。

このようなホルモンバランスの乱れは、毛髪に何らかの影響を及ぼすだけでなく、健康や美容に大きな影響を与えてしまいます。

自覚症状があれば一度婦人科へ

婦人科系疾患は薄毛や抜け毛だけに限らず、意外な病気が隠れていたり、将来的には不妊の原因にも繋がる場合があります。

薄毛に生理不順等、といった症状があったら婦人科等で受診し、そちらの治療を優先した上で薄毛治療に取組むことが改善のために良いでしょう。

ライツフォルでは現在薄毛のお客様のお悩みを解消できる医療用ウィッグ(かつら)を提供しています。

様々なスタイルの医療用ウィッグ(かつら)を用意していますので、お気に入りのスタイルをぜひ身に着けて下さい。

#医療用ウィッグ #医療用部分ウィッグ #部分ウィッグ #オールウィッグ #ファッションウィッグ

甲状腺機能低下による女性の薄毛

甲状腺と甲状腺ホルモンの機能

体内では、様々な種類のホルモンが作られていますが、甲状腺では甲状腺ホルモンを作ります。

甲状腺ホルモンは主にヨウ素を材料にして作られ、体の組織を作るために利用されたり、新陳代謝の過程を刺激したり促進したりするためのエネルギーや、他には髪をつくる毛母細胞も活性化させる働きがあります。

甲状腺機能低下症とは?

  • むくみや腫れ
  • 倦怠感
  • 肌の乾燥
  • 抜け毛が増える
    • 以上の症状に心当たりがある場合、甲状腺ホルモンが減少する「甲状腺機能低下症」の可能性があります。

      この病気は、40代女性の発症が多く、明確な原因はわかっていませんが、加齢や女性特有の免疫システムが影響しているといわれています。

      甲状腺ホルモンの分泌が減少してしまうと、生死に関わる臓器等への働きを優先させてしまうため、毛髪の成長に使われる甲状腺ホルモンが減ってしまい、毛髪の発育不良が起こり、薄毛を招くだけでなく、抜け毛にも繋がります。

      甲状腺機能低下症と判明するには?

      健康な人でも多少は感じる症状なので、自分ではなかなか気づかぬことが多いですが、内科、皮膚科、薄毛外来でTSHという血液検査を受けると甲状腺機能低下症かどうかはすぐ判明できます。

      この病気が原因による薄毛の場合は、甲状腺機能低下症の治療により薄毛が改善されるとされています。

      ライツフォルの医療用ウィッグ(かつら)は、薄毛治療の成果が出るまでお悩み解消のサポートを致します。

      医療用ウィッグ(かつら)は通販とレンタルがありますのでお気軽にご相談下さい。

      #医療用ウィッグ #医療用部分ウィッグ #部分ウィッグ #オールウィッグ #ファッションウィッグ

基礎代謝の低下で薄くなる女性の髪

血液の循環不足と基礎代謝

薄毛の大きな原因では血液の循環不足があります。

基礎代謝が低下すると、毛細血管まで血が通わなくなり、毛乳頭への血流も悪くなります。

髪が生えにくくなったり、今まで生えていた毛が抜け落ちてしまう等の症状に繋がってきます。

運動不足で薄毛に

女性は仕事の他にも日常生活の家事に忙しく、特に運動不足の方が多いと思います。

運動不足も基礎代謝の低下、さらに髪の薄毛の原因として挙げられます。

血流の悪化で頭皮が血行不良になると、発毛の妨げになります。

すると抜け毛が多くなり、薄毛になる可能性があります。

運動不足は生活習慣病や肥満をもたらすことにも大きく影響を及ぼします。

心肺機能の低下による毛髪の栄養不足

さらに運動不足は、心肺機能の低下を誘発します。

心肺機能の低下で心臓そのものが小さくなり、酸素供給量が減少します。

酸素供給量が減少すると、身体・脳の機能にも障害が起こる可能性もあります。

脳への血流も減少すると、毛髪の栄養が不足状態になります。

ぜひ有酸素運動を!

有酸素運動は、体脂肪を燃焼させるので、肥満解消、新陳代謝の活性、血行促進等をもたらします。

血行を良くすると基礎代謝が改善されます。

汗をかく運動は、汗と一緒に女性の薄毛の原因とされる「活性型男性ホルモン」も体外へ排出する等、薄毛改善にも効果的な方法と考えられています。

ライツフォルでは現在薄毛で悩むお客様のための医療用ウィッグを提供しています。

ぜひお気軽にご相談下さい。

#医療用ウィッグ #医療用部分ウィッグ #部分ウィッグ #オールウィッグ #ファッションウィッグ

女性の喫煙と薄毛の関係

煙草が人体に悪影響を及ぼすのは科学的に立証されていますが、女性の薄毛・抜け毛との関係についてお話します。

ニコチンの影響

ニコチンは血液中に入込み、毛細血管を収縮させます。

特に頭皮はこの影響を受けやすく、血流が低下すると頭皮の表面温度は下がります。

そのため毛根へも血液が届きにくくなり、毛髪の成長に必要な栄養分や新鮮な酸素が不足し、薄毛を引起こしてしまいます。

一酸化炭素による酸素不足

煙草に含まれる一酸化炭素は体内に入ると、血液中のヘモグロビンと結付き、赤血球の酸素運搬を阻害します。

そのため身体が酸素不足になり、一酸化炭素中毒に陥ります。

身体が酸素不足になることで、頭皮の細胞にも酸素が届かず、健康な毛髪が生育しにくい状況になります。

煙草でビタミンCが不足

煙草は肌に良くないという理由には、体内のビタミンCが大量に破壊・消費されることが挙げられます。

ビタミンCは抗酸化作用があり、活性酸素の除去、抗ストレス、免疫機能の増加等の役割を果たしています。

ビタミンCが不足すると、皮膚を構成するコラーゲンの生成が妨げられてしまいます。

この現象は頭皮にも同じことがいえるでしょう。

以上の理由から煙草が身体にも毛髪にも良くないことと認識して頂けるでしょう。

薄毛が気になる喫煙女性は、徐々に喫煙を減らしていけば、毛髪の負担も減らしていけるのではないでしょうか。

ライツフォルでは、お客様一人一人に合わせた医療用ウィッグ・かつらを販売していますので、お気軽にご相談下さい。

目の疲れと薄毛の意外な関係とは?

パソコンやスマートフォン、携帯電話は、現代では生活の一部であり、何れも一切使わぬ人はほぼいないでしょう。

これらの長時間の使用で起こる目の疲れ(眼精疲労)は、薄毛にも関係しています。

目の疲れは、眼球の周りの筋肉が疲労し、こっている状態です。

この状態が慢性的に続くことで血行は悪くなり、頭皮へ行き渡る栄養素は少なくなってしまいます。

髪より目の法則

目を酷使することで網膜が傷つきます。

この傷の修復に必要なのが、アミノ酸の一種であるシステインです。

システインは、毛髪を形成するタンパク質の成分の一つでもあります。

しかし、目が疲れてしまうと、システインは網膜の修復に自然に使われてしまいます。

つまり、眼精疲労が続いてしまうと、髪に届くはずだったシステインが目の疲労回復に優先的に使われてしまう仕組みとなっているのです。

美しい髪の素、システイン

システインは、毛髪の材料であると同時に、髪を丈夫に太くするコラーゲンの生成を促進させる成分でもあります。

目の疲労回復に使われてしまうことで、毛髪に栄養がいかないばかりか、丈夫で美しい毛髪を作ることができなくなります。

以上のことで目の疲れは薄毛だけでなく、抜け毛の原因になるといわれています。

眼精疲労の解消には、こまめな休憩やマッサージ等が必要になります。

ライツフォルでは医療ウィッグ・医療かつらを種類豊富に取揃えております。

薄毛でお悩みの女性に自然なスタイルの医療ウィッグを提案しますので、お気軽にご相談下さい。

#医療用ウィッグ #医療用部分ウィッグ #部分ウィッグ #オールウィッグ #ファッションウィッグ

酷い肩こりによる女性の薄毛

全く関係ないようにみえる肩こりと薄毛ですが、肩こりを放置すると薄毛に繋がる危険があるのを知ってますか?

肩こりと薄毛の関係

肩こりと薄毛の原因には共通点があります。

それは血行の悪さです。

首から頭部にかけての筋肉が緊張し、血流が低下することで肩こりが引起こされます。

血行が悪くなることは、薄毛を気にしているその頭部、頭皮へ向かう血流が阻害されていることになります。

慢性化した肩こりは、頭部への血行不良も慢性化し、頭皮へ酸素や栄養が十分に行き渡らなくなるため、老廃物も溜まりやすくなります。

この状態は、健康な毛髪の育成環境として良くありません。

いくら高価なシャンプーや育毛剤を使っても、高い効果を期待できませんし、気づかぬうちに髪が抜けやすくなっている場合もあります。

肩こり解消による薄毛の改善

デスクワーク等の体を動かす機会の少ない仕事に従事する女性は、顔・首・背中だけでなく全身、さらには頭皮までもが硬くなり、血流が低下した状態が続いていると考えられます。

全ての人に当てはまるわけではありませんが、肩こりの解消でスムーズな血流になり、頭の血行が良くなって薄毛改善に繋がる方もいるようです。

肩こりの原因にストレスがある場合は、自律神経失調症や女性ホルモンバランスの乱れを引き起こし、抜け毛・薄毛の原因になることも考えられます。

ライツフォルでは、医療用ウィッグ・医療用かつらを販売しております。

軽くてフィット感に優れたウィッグ(かつら)は、肩こりで悩む方の負担にはなりませんので、お気軽にご相談下さい。

#医療用ウィッグ #医療用部分ウィッグ #部分ウィッグ #オールウィッグ #ファッションウィッグ

ヘアカラーリングも薄毛の原因?

「ヘアカラーリング=毛髪が傷む」は、女性にとって常識です。

さらにヘアカラーリングやパーマは頭皮にも影響があり、薄毛の原因の1つとされています。

ヘアカラーの影響

ヘアカラーは薬剤の成分で毛髪内の色素を破壊し、人工的な色素に置換えています。

これにより元々安定していた髪の構造が失われ、薬剤が髪の組織内部に残ることで髪が傷む原因にもなります。

毛髪だけでなく、頭皮への薬剤の付着より頭皮を傷めてしまうことになります。

カラーリング剤やパーマ液をつけた際、頭皮がヒリヒリと感じたことはありませんか?

これは頭皮にダメージを与えているからです。

美容室での染髪時に、美容師はカラーリング剤での肌荒れ防止に手袋をしています。

同じ皮膚である頭皮にもこの影響はあるわけです。

ヘアマニキュアの影響

白髪を染めずに隠すだけのヘアマニキュアは白髪染めのような刺激はないし、髪の組織内部に染込まないから大丈夫と思う人もいることでしょう。

しかしヘアマニキュアにも殺菌・消毒作用の強いエタノール、アレルギー反応を起こす可能性のあるアミフェノールという、頭皮に良くない成分が含まれていることが多いです。

過度のカラーリングやパーマ等により頭皮が弱ってしまうので、極力負担をかけずに慎重に行う必要があります。

また、今まで特にダメージの実感がなくても、頭皮も肌と同様に年齢を重ねていくので、確実に傷ついていきます。

医療用ウィッグ(かつら)の販売メーカー・ライツフォルでは、スタイル・カラーも豊富に取揃えておりますのでお気軽にご相談下さい。

#医療用ウィッグ #医療用部分ウィッグ #部分ウィッグ #オールウィッグ #ファッションウィッグ

若い女性にも起こる若年性脱毛症とは?

若年性脱毛症とは10代から始まる脱毛症で若ハゲ等と言われており、最近では女性にも見られます。

10代から30代等普通は薄毛にならない年齢で発症するため、強いストレスになってしまいます。

若い女性の脱毛症の原因を挙げていきます。

ホルモンバランス

仕事やプライベート等で強いストレスを受けると、自律神経が乱れホルモンバランスが崩れてしまいます。

これにより女性が元々持っている男性ホルモンの分泌量が増えオス化してしまい、毛髪を豊かで丈夫にする女性ホルモンが減少し、1本1本の髪が痩せコシやボリュームがなくなってしまいます。

栄養の偏り

髪の成長にはバランスの良い栄養が必要です。

とくに髪はケラチンというタンパク質(肉・魚・卵類、大豆や乳製品等)が主成分なので、過度なダイエットによるタンパク質不足は髪の元となる栄養を不足させ、健康な髪を作ることができません。

また健やかな髪にはビタミンやミネラル等も必要なので、栄養バランスを考えた食事を摂ることで薄毛の改善に繋がります。

質の低い睡眠

就寝中に成長ホルモンが分泌し成長する髪は、遅くまでの勤務や飲食等で毎日の就寝時間が遅くなると、髪の元となる毛母細胞の分裂が低下し、頭髪の成長を妨げてしまいます。

前述の3要因により若い女性の薄毛が増加していますが、どれもストレスにより悪化させることがあるため、リラックスできる時間を取る等でストレスを溜めない生活を心がけて頂きたいと思います。

また、若い女性にとり薄毛はストレスを増やすので、薄毛が改善するまでは、発毛・育毛の力強いサポートとしてウィッグ(かつら)を使用しましょう。

ライツフォルでは脱毛の悩みを解消するため、ウィッグ(かつら)の通販とレンタルを行っていますのでお気軽にご相談下さい。

#医療用ウィッグ #医療用部分ウィッグ #部分ウィッグ #オールウィッグ #ファッションウィッグ

過度なストレスによる女性の薄毛

一般的に薄毛で悩む女性の多くは、30代後半から仕事・家庭・育児等によるストレスが原因で薄毛が進んでいくといわれています。

ではなぜストレスが髪に良くないのでしょうか?

ストレスと髪の関係

全身に酸素や栄養等をくまなく運んだり、二酸化炭素や老廃物を回収し体外へ排出したりする「毛細血管」は、ストレスを受けると収縮してしまいます。

したがって毛乳頭に栄養や酸素等が運ばれなくなるため、健やかな髪が育たなくなります。

また、「Tリンパ球(免疫細胞の一種)」が発毛を促す毛母細胞(毛をつくる元となる細胞)をストレスは攻撃してしまうため、髪の成育にダメージを与え薄毛を進行させてしまいます。

さらにストレスは首の後ろにある筋肉「僧帽筋」の緊張を高め血行不良となり、それにより毛母細胞に栄養が供給されず、薄毛の原因になってしまいます。

#医療用ウィッグ #医療用部分ウィッグ #部分ウィッグ #オールウィッグ #ファッションウィッグ

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

Reizvoll Staff

ご自宅で医療用ウィッグを
無料でご試着いただけます

品質に自信があるから、無料宅配試着で納得度93%!!

抗がん剤治療等の脱毛でお悩みの方々に、高品質、低価格な「かつら(ウィッグ)」をご用意いたしました。
是非お試しください。
フリーダイヤル:0120-68-3690
HPアドレス:
http://www.reizvoll-medical.jp/

Extra

更新カレンダー

本社新宿サロン&通販部門
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

Reizvoll Staff Blog

ライツフォルスタッフが、ブログを見て頂いているお客様に お得情報をお届けいたします。

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。